2016年01月18日

2015年傾向分析

1位 マーベラス(4本)
1位 コーエーテクモ(4本)
1位 角川ゲームス(4本)
4位 アトラス(3本)
4位 スクウェア・エニックス(3本)
6位 アクアプラス(2本)

 2015年に購入したゲームを会社別に統計を取ってみました。多少の誤差はある筈。

 マーベラス,角川ゲームス,コーエーテクモが同点で1位というのはちょっと意外。まあ,コーエーテクモは殆どガストですけれどね。4本中3本が〈アトリエ〉シリーズなので。角川ゲームスも2本は〈軌跡〉シリーズの移植なので実質上ファルコムと言った方がいいのかも。マーベラスが1位というのはやや納得がいきません。いや,好きな作品は多いのですけれどね。アトラスとスクウェア・エニックスは3本で次点。更にアクアプラスと続きます。セガや任天堂,バンダイナムコを1本しか購入していなかったのはちょっと意外な気もしますね。コナミとカプコンが0本というのも傾向がはっきり見えて面白いです。

 この種の統計で自己分析をするのは結構楽しい。余力があれば,毎年の恒例としたいところです。
posted by 森山樹 at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文

2016年01月10日

2015年マイベスト

2015年に遊んだゲームの中で特に印象に残った5作品+1です。
並びは遊んだ順番であって,序列ではありません。


『エスカ&ロジーのアトリエPlus』
エスカとロジーというふたりの主人公が目新しい黄昏世界の〈アトリエ〉第2作目。
マリオンとリンカの主従は前作に引き続いて大好き。
勿論,エスカの可愛らしさも素晴らしかったです。


『デビルサバイバー2ブレイクレコード』
シナリオを追加されての『デビルサバイバー2』の3DS移植作品。
トリアングルム篇の存在あってこその大団円が実に嬉しい。
峰津院都が正体も含めて非常に好みの登場人物でありました。


『閃乱カグラESTIVAL VERSUS』
色気要素を更に増した『閃乱カグラSHINOVI VERSUS』の続篇。
新規キャラを含めて登場人物に存外魅力があるのは期待通り。
ゲーム本篇の難易度も適度で十分に楽しめました。


『ブレイブリーセカンド』
『ブレイブリーデフォルト』からほぼ直結する〈ブレイブリー〉シリーズの第2作目。
第四の壁的なメタ要素を存分に生かした物語構成がかなり好み。
新たな謎が提示されたことで更なる続篇への期待を抱かせます。


『ペルソナ4ダンシング・オールナイト』
RPGからリズム・アクションにジャンルを変えての『ペルソナ4』のその後の物語。
如何にも〈ペルソナ〉シリーズという物語の展開が楽しかった。
雪子やりせも可愛いのだけれど,マリーも本篇に登場して欲しかったなあ。


『セブンスドラゴンIII code:VFD』
『セブンスドラゴン2020-II』の80年後を描くシリーズ最終作。
全ての真竜の謎が明かされる物語が熱い。
難易度はやや下がったけれど,相変わらずドラゴンの存在は脅威です。
クリアしたのは2016年に入ってになってしまったので+1扱いです。
posted by 森山樹 at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文

2016年01月09日

2015年の反省と2016年の抱負

 購入数は31本と2014年に比べて10本の増となりました。PS VITAが21本で,3DSは10本となっています。結局,据置機を購入することはなかったので,2015年も携帯機中心のゲーム生活となりました。自分には携帯機の方があっているのでしょう。実際のところ,据置機でなければならないという必要性も感じません。その割には未だにスマートフォンのゲームには手を出していないのですけれども。

 クリアしたゲームは8本。手付かずのゲームも多く,かなりの数を積んでしまっているのは大問題。遊びたいのですが,限られた時間の中ではどうしても無理が生じます。RPGが中心なので,一本当たりのクリアに時間がかかるという構造的な課題もありますね。如何に効率よく遊ぶかは検討したいところです。非電源系ゲームに全く触れられなかったのも残念。このあたりはほぼ諦め気味ではありますけれども。でも,やはり本質的には非電源系ゲームのほうが好みではあります。

 2016年は購入量を削減する方向で検討します。その代りに積むゲームを少しでも減らしたいもの。とは言え,興味を持ったゲームは買わざるを得ないのが辛い。これまでに積んだままのゲームも少しずつ手を付けて行きたいものです。据置機の購入は引き続き検討しますが,ゲーム次第であることは否めません。大きな鍵を握るのは『ペルソナ5』かなあ。これ次第では一気に購入に踏み切る可能性は残されています。いずれにせよ,2016年も楽しいゲーム生活が送れるに越したことはありません。それだけが願いであります。

 なお,2015年のマイベストについては別記事を設けたいと思います。此方もなるべく近日中に掲載する予定です。
posted by 森山樹 at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文

2016年01月06日

2015年後半を振り返って

2015年後半に購入したゲームは13本と割と多め。
勿論,その分積んだ作品も多くなってしまっています。
RPGを中心に遊んでいることの構造的な問題でありましょう。
一本当たりのプレイ時間が長くなってしまう弊害です。
長く遊べるのは嬉しいことなのですけれどもね。

『ペルソナ4ダンシング・オール・ナイト』は楽しかった。
音楽ゲームとしての要素は自分には難し過ぎましたけれども。
『ペルソナ4』の異色の続篇としては十分だと思います。
らしさ全開の物語が魅力でありました。
『ファイヤーエムブレムif』は物語が平板だったのが残念。
システム的にも武器の使用回数が無くなったことで難易度が下がりました。
面白いのは面白いのですが,やや気になる点が多かったように思います。
無為なギャルゲーム要素を加える必要があったのかどうかも疑問です。
『ドラゴンクエストVIII』は追加要素を含めて申し分のない移植作品。
ゼシカとの結末が用意されたのは素直に嬉しい。
ゲルダが仲間に加入するのも非常に楽しかったです。
やや読み込みに難があるのが興を殺いだ感が否めないのが残念。
『セブンスドラゴンIII code:VFD』と『ゴッドイーターリザレクション』はプレイ中。
『空の軌跡FC Evolution』も現在休止中といった状況です。
『セブンスドラゴンIII code:VFD』は大詰めに差し掛かっていますけれどね。
シリーズの集大成といった物語は非常に楽しいです。
posted by 森山樹 at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文

2015年07月11日

2015年前半を振り返って

2015年上半期に購入したゲームは18本と意外に多かった。
但し,実際に遊んでいるゲームはその半分くらい。
ゲームに費やす時間が限られているので積むことが常態化しています。
何とか,効率の良い時間配分を考えたいと思います。
一応のクリアに漕ぎ着けたのは全部で4本。
『ブレイブリーセカンド』も大詰めと言った感じではありますけれどね。
月に1本くらいはクリアできるようにしたいものです。

クリアしたゲームはいずれも印象に残っています。
『エスカ&ロジーのアトリエPlus』は〈アトリエ〉シリーズらしい作品。
ふたりの主人公が上手く機能していたように思います。
また,ロジー篇を遊んでいないので,余力があれば挑戦したい。
登場人物の魅力は格別でありました。
『デビルサバイバー2ブレイクレコード』は漸くの発売となりました。
追加されたトリアングルム篇を含めて一本の作品と言えるのでしょう。
峰津院都の可愛らしさがたまりません。
此方も別の結末を見届けたいところです。
『閃乱カグラESTIVAL VERSUS』は正統派の続篇といった趣。
自分でもクリアできるくらいに難易度が高くないのは嬉しい。
新たな登場人物も個性豊かで楽しかったです。
DLCの配信も続くようなので期待したいと思います。
『ToHeart2ダンジョントラベラーズ』は久しぶりの3DRPG。
難易度はやや高めに感じましたが楽しかった。
この種のハック&スラッシュ系RPGは自らの原点のひとつでもあります。
迷宮は更に続くようなので,いずれ遊びたいものです。

下半期も楽しみな作品が揃っています。
何よりも上半期で積んだ作品を少しずつ遊んでいきたい。
『空の軌跡FC Evolution』も早く着手したいものです。
『ファイヤーエムブレムif白夜王国』も遊んでいきたいもの。
上半期には出来なかったゲームの総評も少しずつ書いていきます。
他趣味との均衡を取りながら,楽しいゲーム生活を送りたいものです。
posted by 森山樹 at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文