2019年07月22日

2019年前半を振り返って

2019年前半に購入したゲームは5本。
かなり少なくて寂しい感じがします。
所謂コンシューマーゲームにとっても過渡期なのでしょうね。
PS VITAも生産が終了してしまったのが悲しいです。
これから先の未来がやや不安でなりません。
やはりゲームはゲーム専用機で遊びたいのですよね。
それが既に古い考えなのかもしれませんが。

5本のうちで実際にクリアしたゲームは2本。
『LoveR』と『EVE rebirth terror』ということになります。
後は『ルルアのアトリエ』を遊んでいる最中といった感じ。
幸いなことにこの3本はいずれも非常に楽しい作品でありました。
『LoveR』は恋愛ゲームとしての水準を十分に満たしています。
というか,システムは『レコラヴ』と殆ど変わらないのですけれどね。
安定した面白さが魅力であります。
『EVE rebirth terror』は〈EVE〉シリーズの続篇として十分に楽しめました。
過去の〈EVE〉全てへの敬意が見られるのが嬉しいところ。
是非ともこの作品を受け継いだ新作を楽しみたいです。
『ルルアのアトリエ』も〈アーランドの錬金術師〉として十分な出来。
まだクリアしていませんが,このまま素直に満足出来そうな雰囲気が漂います。

2019年後半は先ずはNintendo Switch LITEに注目したいもの。
待望の携帯特化での廉価版ということで購入することになります。
これで遊べるゲームが増加するのが素直に楽しみ。
PS4では『ペルソナ5ロイヤル』や『新サクラ大戦』に期待しています。
数は少ないですが粒揃いのゲームを楽しみたいものです。
問題は遊ぶ時間の確保ですけれどね。
まあ,此方は何とかやりくりしていきたいと思います。
posted by 森山樹 at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186313835
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック