2020年06月01日

2020年6月ゲーム購入予定

2020.06.04 『九龍妖魔學園紀』 Switch アークシステムワークス
2020.06.25 『ブリガンダイン ルーナジア戦記』 Switch ハピネット
2020.07.30 『Root Film』 Switch 角川ゲームス
2020.07.30 『夜,灯す』 Switch 日本一ソフトウェア
2020.08.27 『創の軌跡』 PS4 ファルコム

『九龍妖魔學園紀』と『ブリガンダイン ルーナジア戦記』は購入予定。
『九龍妖魔學園紀』は移植ですが,元の作品が好きだったのですよね。
〈東京魔人學園〉シリーズ復活への嚆矢となって欲しいものです。
あの独特の世界観は愛して已みません。
『ブリガンダイン ルーナジア戦記』も楽しみ。
と言っても,『ファイアーエムブレム風花雪月』も終わっていないのですが。
遊ぶ時間の確保が先ずは最優先課題となりそうです。
posted by 森山樹 at 06:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入予定

2020年05月29日

購入記録(2020.05.29)




『碧の軌跡:改』と『ゼノブレイド』を購入しました。
どちらも現行機種への移植作品ということになります。
特に『ゼノブレイド』は以前から遊びたかった作品なので楽しみ。
『ゼノブレイド2』も遊んだ方がいいのかしらね。
『碧の軌跡:改』は『創の軌跡』との連動に期待しています。
懐かしの人物が多数登場するみたいですからね。
8月の発売までに少しでも遊んでおきたいものであります。

〈2020年ゲーム購入覚書〉 計14本
posted by 森山樹 at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入記録

2020年05月05日

2020年5月ゲーム購入予定

2020.05.21 『NG』 Switch エクスペリエンス
2020.05.28 『碧の軌跡:改』 PS4 ファルコム
2020.05.29 『ゼノブレイド ディフィニティブ・エディション』 Switch 任天堂
2020.06.04 『九龍妖魔學園紀』 Switch アークシステムワークス
2020.06.25 『ブリガンダイン ルーナジア戦記』 Switch ハピネット
2020.07.30 『Root Film』 Switch 角川ゲームス
2020.07.30 『夜,灯す』 Switch 日本一ソフトウェア
2020.08.27 『創の軌跡』 PS4 ファルコム

『碧の軌跡:改』と『ゼノブレイド』は購入がほぼ確定です。
特に『ゼノブレイド』は元の作品を遊んでいないので楽しみ。
問題は遊ぶ時間と言うことになりましょうけれども。
『碧の軌跡:改』はその前に『零の軌跡:改』を遊ばないとなあ。
『閃の軌跡II:改』も途中で止まってしまっています。
『創の軌跡』までに遊び直すのは流石に厳しいですねえ。
意外に発売日が早かったのが誤算でありました。
此処までの集大成であり,今後の起点となる作品だけに楽しみです。
posted by 森山樹 at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入予定

2020年04月27日

ファイアーエムブレム風花雪月 #3

2020042605421000-0DC6ECE91CF3F6F02BAFC002E3FFBAAD.jpg
エーデルガルトと共に歩み道を選んでいます。

プレイ時間: 44:25
第二部 紅花の章 EP.15 剣と盾の螺旋
ベレス:Lv37 ニルヴァーナ

第二部に突入して,同盟を倒したところまで。
エーデルガルトとともにセイロス教団を滅ぼす道を選びました。
嘗ての教え子たちとの対峙はやはり辛いものがあります。
同盟戦ではレオニーとイグナーツを倒してしまいましたしね。
クリア条件が敵将を倒すことだったので敢えて見逃すことも出来たのかな。
尤も,進路を塞いでいる倒さないと此方の損害が大きいのですが。
クロードは見逃す選択肢としました。
存外に好きな人物なのですよね。
次回のプレイはクロードが率いる学級でもいいかもしれません。
そして,思いがけないことにリシテアが仲間に加わったのは嬉しい。
イングリット,マリアンヌ,リシテアが味方になってくれます。
尤も,黒鷲の学級自体はそれ自体で割とバランスは悪くないのですけれど。
スナイパーになったベルナデッタが鬼神の働きを見せてくれます。
ペトラとドロテアの美人二人組の大活躍も大きい。
この二人は五年経って更に美しさに磨きがかかりましたね。
これから登場するであろう他の生徒たちの姿も楽しみであります。
尤も,それは敵軍の将として戦うことを意味しているのですけれども。
同盟が瓦解した今,次なる相手は王国と教団となります。
レアが率いる教団が最終目標とは言え,王国も難敵に違いありません。
ディミトリ麾下の王国軍との戦いに期待もあり,不安も残ります。
それにしても謀臣としてのヒューベルトが素敵でありますね。
作中で一番好きな男性の登場人物かもしれません。
posted by 森山樹 at 07:20| Comment(0) | TrackBack(0) | プレイ日記

2020年04月25日

ファイアーエムブレム風花雪月 #2

2020042407101600-0DC6ECE91CF3F6F02BAFC002E3FFBAAD.jpg
大好きなドロテアを踊り子にしてみました。

プレイ時間: 29:39
第一部 白雲の章 EP.10 女神の行方
ベレス:Lv25 盗賊

主人公の父であるジェラルトが暗殺されたところまで。
ソロンやクロニエなどの暗躍する者たちの動きが気になります。
炎帝や死神騎士らと一枚岩というわけでもなさそうですけれども。
そして,炎帝の正体は多分あの人に間違いないよね。
今まで遭遇した機会に不自然に席を外していたのがその理由。
となると,腹心であるあの人物も事実を知っていることでありましょう。
いろいろな意味で日常の崩壊が間近に迫っていることを感じます。
舞踏会の場でのエーデルガルトの同窓会の発案も伏線ですよね。
更に辛い展開を迎えそうな気がします。
戦力的にはシャミアを迎え入れることに成功しました。
ベルナデッタと共に弓攻撃の主砲として活躍してくれます。
相変わらず,弓は有用な武器でありますね。
他の学級からも生徒をスカウトしたいのですが,なかなか出来ていません。
メルセデスとかイングリットとかマリアンヌとか来て欲しいですね。
アネットやリシテアも結構好みなのだけどなあ。
黒鷲の学級の面々にもかなり愛着が湧いています。
特にドロテアとベルナデッタがお気に入り。
ベルナデッタの絆会話は誰もが実に優しくて良いです。
男性陣ではヒューベルトが大層好み。
主君に絶大なる忠誠を捧げる腹心という立ち位置がいいですね。
それでいて,きちんと諫言はするのが盲目的ではなくてたまりません。
物語としても中盤を迎えて大きな転機となりそうな感じです。
レアの胡乱さは相変わらずですが,先ずはソロンとの対決となるのかな。
炎帝との対峙もそう遠くない未来に待っていることでありましょう。
posted by 森山樹 at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | プレイ日記